新着情報

2013年8月19日 人気の在宅ワーク・通信教育の添削

色々な作業がパソコンによるものに移行していきますが、その中でもどうしても手書きでないといけないというものがあります。 それが通信教育の添削です。 大学受験のようにマークシート方式のテストの場合、丸付け添削は簡単に済んでしまいますが、小学校・中学校・高校までの添削はそうはいきません。 子供たちの書いた字は読めないようなものから、答え方も様々ですから、機械による添削は不可能なのです。 やはりスキルを持った人の手で添削していくことが必要になってくるのです。 不景気でさまざまな費用を削減しても子供の教育費だけは削減しないというご家庭も多く、通信教育の市場も活性化しています。 今、とても引き合いの強い仕事がこの通信教育の添削の在宅ワークです。 多くの会社が最初に仕事を依頼する前に簡単なテストをするようです。 全て手書きですから添削者の字もきれいかどうかチェックされます。 子供向けの通信教育ではテストの答案上で子供のモチベーションを上げるためのコメント交換などを行うこともあり、日本の教育の現場に協力できているというとても充実した達成感を味わえる仕事です。 中学・高校の通信教育の添削になってくるとかなり専門性が高くなりますので自分の得意な科目を受け持つのが良いでしょう。

船橋競馬を盛り上げよう!

日本の競馬には大きくJRAの中央競馬と地方競馬があります。 地方競馬は地方自治体やエリアごとにある競馬組合などで主催されている競馬です。 地方ごとの特色を出した競馬が人気の地元密着型ですが、近年ではインターネット中継やインターネット投票も採りいれ、全国どこの都市からでも地方競馬を観戦したり、馬券を買うことが可能になっています。

しかしながら、ここまで来る過程では、収益難に伴う運営難で閉鎖された競馬場や廃止となった地方競馬も残念ながらあります。 今回取り上げるのは、地方競馬の中でも盛り上がり度合いの強い船橋競馬です。 なぜ船橋競馬に注目するかというと、船橋競馬場の目と鼻の先にはJRAの中山競馬場があります。 中山競馬場といえば、日本全国民が注目するレースといっても過言でない、年末の有馬記念が行われる競馬場です。 しかも、JRAのレースは中山競馬場から新年最初のレースが始まり、有馬記念で1年を締めくくるくらい、中心的な位置づけなのです。 にもかかわらず、船橋競馬場は1950年の開設以来、JRAに飲まれることなく、競馬ファンを集め頑張っています。 競馬ファンが集まりやすい場所だからJRAと並んで地方競馬も栄えてきたのかもしれませんが、やはりJRAとは違った大きな魅力を常に持ち続けてきたのでしょう。

船橋競馬場ではこれまでJRAの馬にも劣らない駿馬が数々登場しました。 たとえば、アジュディミツオーです。 船橋を代表する1頭ではなく、まさに日本を代表する1頭として、往年の競馬ファンには有名な名馬です。 JRAの強豪とも戦ってG1を何度も制した実力の持ち主で、日本調教馬としてドバイのグローバル戦にも出走経験があります。 多くの競馬ファンを魅了し続けた、威風堂々たる綺麗な馬で、走りだけでなく、見た目も美しい馬でした。 そして、アブクマポーロも名馬でした。 JRAと地方競馬の馬が白熱した戦いを繰り広げるダートグレード競争で、地方競馬ファンの期待に応え続けたダート最強馬です。 そして、地方競馬からJRAを渡り歩いて闘い続けたのがインテリパワーです。 北海道競馬、JRA、川崎競馬そして船橋競馬にホームコースを移しながら、環境の変化に即応し、俊足を見せつけてきました。 船橋競馬にやってきた時点でG1タイトルを持つベテランの風格でしたが、その力は衰えず、船橋競馬の駿馬伝説に語り継がれるほどの名勝負の数々を繰り広げたのです。

このように船橋競馬には常に競馬ファンを魅了する名馬たちがいました。 それはエリアの人だけでなく、日本中の競馬ファンにも名声をとどろかせるほどのもので、そうした馬たちの活躍と共に、船橋競馬を愛する人々によって盛り立て続けられてきたのが、船橋競馬なのでしょう。

折角の老舗情報なので情報サイトの老舗も紹介しましょう。
正直老舗かどうかわかりませんが、私が閲覧したサイトの中でクリーンな印象でしたので紹介します。
無料競馬情報サイトスピリッツでは、嘘の情報、理由のない情報は記載しないというコンセプトのサイトです。正直検索をかけただけでも多くの情報サイトがありますが、ここは本当にクリーンです。正直どのように運営をしているのか?謎です・・・。
確かに有料のコンテンツもありますが、それだけで食っていけるレベルではないんじゃないの?という感じです。現在地方競馬の情報も準備をしているとのことで、曜日に関係なく競馬のことならスピリッツの情報を活用していけそうです。